クリトリス責め潮吹き官能小説

今日135/昨日461/合計252414

出会い系エロ体験談
風俗嬢との体験談
超ハードSM調教体験談
フェラチオ体験談

ニューハーフ出会い掲示板
調教SM出会い掲示板
えっち友だち募集中
セフレ募集掲示板
即ハメ出会い掲示板
熟女人妻出会い掲示板
エッチな出会い掲示板
スマホ出会い掲示板
全国出会い掲示板
18禁出会い系掲示板
今日出会える掲示板
ご近所出会い募集掲示板


濡れた性器をゆっくりと(レズビアン6)

[1/9]

私は、とあるアマチュア劇団に所属する学生劇団員です。
都内の大学に入学したばかりの頃、女子高の同級生と演劇サークルに入ってから演じることの楽しみに嵌ってしまい、今所属している劇団の演劇を見たのが入団のきっかけでした。
アマチュア劇団のためオーディションもなく、すんなりと入団してからは、大学の勉強と演劇サークルとアマチュア劇団の稽古で忙しい毎日を過ごしていました。
忙しいなりにも充実した毎日でした。


大学2年になった頃、端役ながらもアマチュア劇団の舞台に立つことが出来るようになりました。
脚本の執筆と演技指導をしている藤川理恵子さん(仮名)から、「1年でうちの舞台に立てるのは運が良いか筋が良いかのどっちかね」と褒められたら嬉しくなるのは当たり前で、これを機に大学の演劇サークルを辞めてアマチュア劇団の方に力を入れることにしました。
一緒に演劇サークルに入った同級生は、寂しいながらも応援してくれました。
それでも心配なことはあるみたいで、「その劇団は本当に大丈夫だよね?」って言ってくれました。
私は褒められたこともあり、「大丈夫だから心配しないで」って返していました。

この時、思い止まっていたなら、レズビアンの世界を知らずにいたのかも知れません。
でも今では、女性同士で愛し合うことの素晴らしさを知れたことの方がはるかに充実した生活を送れていると実感しています。

初舞台を踏んでからというものは、稽古が一層厳しいものになって行きました。

「恥ずかしいほど役になりきる!」

これは藤川さんが演技指導の際によく言っていることでした。


←前のページ次のページ→

[←戻る]


- noa -