クリトリス責め潮吹き官能小説

今日121/昨日461/合計252400

出会い系エロ体験談
風俗嬢との体験談
超ハードSM調教体験談
フェラチオ体験談

ニューハーフ出会い掲示板
調教SM出会い掲示板
えっち友だち募集中
セフレ募集掲示板
即ハメ出会い掲示板
熟女人妻出会い掲示板
エッチな出会い掲示板
スマホ出会い掲示板
全国出会い掲示板
18禁出会い系掲示板
今日出会える掲示板
ご近所出会い募集掲示板


クリトリスを強く吸われ(レズビアン25)

[1/4]

よく行くサロンのセラピストにレズっぽい感情を抱いてしまうようになったのは、彼氏いない暦が長くなりすぎたからかもしれない。
ボーイッシュで爽やかなミカさんの手でマッサージされると、エッチな気持ちになってしまって、喘ぎそうになるのを必死でこらえる。
おっぱいの近くや足の付け根を滑らせるようにマッサージされるたびに、おまんこから愛液が溢れてしまうのがわかる。

オイルマッサージだから、カーテンで仕切られた狭い空間にミカさんと2人きりだ。
私はパンティ一枚でベッドに横たわっている。
カーテン越しに他の人の話し声や気配がするのも、私をひどく興奮させた。
股関節をストレッチするために脚を抱えられて、ぐるぐると大きく回されるたびに私のおまんこはくちゅっ、ぬちゅって音を立てていて、ミカさんに気づかれるんじゃないかとドキドキしていた。

「今日は乳がん予防のためのマッサージもしますか?」

ミカさんがにこにこしながら聞いてくるので、何の疑問ももたずに「お願いします」と答えてしまった。
オイルをたっぷりとつけた手が私のおっぱいをちょっと強く揉み込む。
たまに手のひらや指が乳首をかすめると、喘ぎ声が漏れてしまいそうだ。

「特にしこりはないみたいですね」

おっぱいをもみながらミカさんが冷静な口調で言うけど、返事できる余裕はない。
今までセックスした男がおっぱいを愛撫したときにも、こんなに感じたことなかったのに。


←前のページ次のページ→

[←戻る]


- noa -