クチュクチュといやらし過ぎる官能小説

今日748/昨日1108/合計488625

出会い系エロ体験談
風俗嬢との体験談
超ハードSM調教体験談
フェラチオ体験談

ニューハーフ出会い掲示板
調教SM出会い掲示板
えっち友だち募集中
セフレ募集掲示板
即ハメ出会い掲示板
熟女人妻出会い掲示板
エッチな出会い掲示板
スマホ出会い掲示板
全国出会い掲示板
18禁出会い系掲示板
今日出会える掲示板
ご近所出会い募集掲示板


幼なじみに(レズビアン9)

[1/8]

私「ただいまー」

和紗「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂沸いてるよ?それとも先にご飯食べる?」

バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。

両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かった和紗を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。

私「じゃあ先にお風呂でー」

和紗「冷めちゃうといけないからまだ沸かしてないの。15分ぐらい待ってね」

私「はーい」

お風呂場に向かう和紗。
本当に良い子だなぁ。
お風呂から上がってリビングに行くと、エプロン姿の和紗が食器を並べていた。

和紗「あ、ご飯できてるよ」

私「この匂いはカレーだね?和紗のカレー楽しみだなー」

和紗「普通のカレーだよ?そんなに期待するようなものじゃないんだけど・・・」

食卓に二人分のカレーとサラダが並ぶ。

私「いただきます」」

和紗「どお?美味しい?」

私「うん!これならいつでもお嫁に行けるよ」

和紗「お、お嫁だなんて・・・お姉ちゃん、もらってくれる?」

あはは、可愛い。

私「もちろん!おいでー!」

両腕を広げて待ってみる。

和紗「あ、えぁ・・・」


←前のページ次のページ→

[←戻る]


- noa -